読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風と自転車と私

アンカーのクロモリを購入、これでブルベを極めるぞ

地獄のコメンサル練に参加してきました

ロングライド 自転車

f:id:nan1079:20161023122408j:plain

山田さんによる高野山辺りを巡る練習に参加してきました。

山田さんは高取ヒルクライム(MTB部門)で優勝するような人です。以前にもアワイチでマウンテンバイクに私たちが引いてもらったりしています。その山田さんが鬼教官になって高野山あたりを登ることになりました。

参加者は山田さん、ベンさん、おいちゃんさん、タミクさん、かいちょう(わたしです)、KOG仲間からは、けんさん、大木さん、小倉さん、の8人です。

f:id:nan1079:20161023063220j:plain

「奥河内くろまろの郷」まで車で移動します。私はおいちゃんさんの車に乗せてもらいます。自転車はルーフに積載させてもらいます。

f:id:nan1079:20161023082747j:plain

まだ新しい?道の駅です。道の駅じゃなくてショッピングセンターかも。ここから出発します。

f:id:nan1079:20161023094949j:plain

まずは国道480号線まで行き鍋谷峠まで。10キロぐらいずっと登り。紀の川まで下り、今度は高野山の大門を目指して登ります。大門までは途中でちょっと平坦なところがありますが20キロぐらいずっと登りです。 

f:id:nan1079:20161023113625j:plain

途中でやきもちの看板を発見、ベンさんが耐えかねて「ここで休憩していきましょう!」とかなり強引に休憩になります。山田さんも渋々って感じで休憩を認めます。ここからもさらに登って大門に到着。

f:id:nan1079:20161023123936j:plain

お昼はコンビニでさっさと済ませるよう言われ、私は「鮭とほうれん草のクリームパスタ」と「プレミアムヒレカツサンド」を買います。ヒレカツサンドは急かされて食べきれず、サドルバックに入れて次の休憩で食べることにしました。この慌てた感じはまるでブルベだ(^^;。

反対方向(371号線のほう)に下山。こっちは勾配がすごい急でブレーキは効きにくいし、道はガタガタで大変怖かった。

再び紀の川にでます。ここから本来は川を上流に上って310号線で金剛山を超える予定だったと思うのですが、山田さんのさじ加減で紀見峠(371号線)を超えることに。すでに何個も峠を越えている感じがあり、これが最後だと思って頑張ります。

f:id:nan1079:20161023153651j:plain

紀見峠に到着。さっきのカツサンドを頬張ります。

だいたいにおいて、山田さん、タミクさん、KOG3人が先頭集団を作り、私がだいぶ引き離されて一人旅、というパターンが多かった。

もうこれで坂は終わりだと思っていたが、なぜかまた坂道があり、、、

いまGPSログを確認するとわざと遠回りしているようだ(^^;。

f:id:nan1079:20161023163738j:plain

くろまろの郷に着いて自転車を草むらに倒して自分も地べたに座り込みます。107キロと大した距離ではなかったですが、獲得標高がいくらだっけ?2200mぐらいですね!頑張りました^^。

今回はサドルを2mm下げたのに、右の股関節がまた痛む。もうちょっと様子をみてポジション今度はどうするか考えます。肩もすごい凝ってるし、フォームのせいなのかポジションのせいなのか、しばらくはいろいろなパターンを試してみたいです。

貧脚最速アワイチ

ブログの更新が遅れていますm(_ _)m

f:id:nan1079:20161002114342j:plain

SEOさん参加で速度が一気に上がりました。

さて今年もアワイチ行ってきました。前回は去年の8月だったふうに記憶しております。あまりの暑さに何度も休憩して12時間かかった記憶があります。今年は10月に。さすがに夏の一番暑い時とは違いますが、この日は10月にしてはまだまだ暑い日で最高気温29〜30度ぐらいだったと思います。そんな中いつものように走ってきました。

f:id:nan1079:20161002063545j:plain

今回の参加者は、BENさん、おいちゃんさん、原本さん、SEOさん、リクさん、かいちょう(わたしです)の6人。なみはやドーム前に待ち合わせて6人6台をハイエースと原本さんカーで分乗、出発です。今回は、まぁいろいろあって、道の駅東浦駐車場から出発、まずはナゾのパラダイスのある峠に至るまでの最後のコンビニ(ファミリーマート洲本海岸通店だと思う)まで一気に行くも、SEOさん「えっもう休憩?」みたいな雰囲気。休憩はさっさと切り上げて先に進みます。

f:id:nan1079:20161002095833j:plain

名物ナゾのパラダイス。もう何年もやってない感じですね。

f:id:nan1079:20161002104253j:plain

座礁した?クレーン。10月とはいえこの日は夏日で暑く、空気も雲も夏の名残があります。

f:id:nan1079:20161002114342j:plain

淡路島の一番外側を通ると風車のすぐそばを通ることになります。ここに登るまでの坂道が結構きつかったりします。

f:id:nan1079:20161002130101j:plain

お昼は道の駅福良近くにあるとんかつ屋ママン亭で。

f:id:nan1079:20161002141131j:plain

鳴尾大橋がすぐ近くに臨める岬にもよります。ここのベンチが後ろの崖からの気持ちいい風がきて、前回は長居してしまったのですが、今回はさっさと立ち去ります。

その後ローソン慶野松原店までたしかノンストップで行ったと思います。

私にとって一番最初のアワイチが一番思い出深いのですがその時「ああ、ここのT路路の自販機で長居したなあ」とか思い出されます、そして今回はスルーです(笑)。

ローソン慶野松原店で休息中にあとからやってきたBENさんを見ますが、BENさんそのまま通り過ぎていきます。もともとここで落ち合おうとなっていたのに、どうしたんでしょう!?次の休憩場所ファミリーマート淡路西海岸室津店にしっかりいました。どうやらわざと振り切ったみたいです。私も疲れ切ってファミリーマートではハーゲンダッツクリスピーサンドキャラメルクラシックをいただきます。私の自分ご褒美の定番です。

あとはもうもと来た駐車場まで帰るだけですが、6時を過ぎてしまいさすがにライトオンせざるを得ない状況に。それでも淡路島一周ほぼ10時間で、貧脚最速でございます。これは今回SEOさんにご一緒いただいたことが大きいですね。

f:id:nan1079:20161002182328j:plain

帰りはお風呂に入って、サービスエリアで晩御飯いただいて帰りました。アワイチはいつも一大イベントですね^^。

朝コグに参加してきました。

自転車

アンカーのクロモリを買ったショップで朝練があるので参加してきました。

f:id:nan1079:20160925064102j:plain

初めてなので遅れないように少し早めに到着。まだ誰もいなく一番。2番目に到着した方が、ミニベロで、つっかけで、「働いたら負け」と書かれたTシャツを着ている。話し込んで見るとブルベにも出られてて、400も走ったことがあるというので、さぞかしすごい人だけど、今日は手軽な服装で参加したんだなあと推測。朝コグで最初に見た人がその人だったので、朝コグってどんな雰囲気なんだろう・・・と心配しましたが、他の方はいたって普通のロードバイク乗りで安心しました。店長は試乗用のピナレロのガン(黒地に黄色のフレームがカッコイイ)に乗って参加されます。

コースは十三峠→フラワーロード→裏清滝から下り、という定番コース。途中でミニストップに寄る予定のようです。

十三峠の麓にも集合されている人がおり、総勢20人ぐらいにはなるでしょうか?大集団になりました。私の知ってる人は大木さんと小倉さんだけです(・・;)。

f:id:nan1079:20160925075505j:plain

十三峠を登ります。24分31秒で最近の記録をまた更新^^。

最近の記録は、

2016年8月27日 26分30秒

2016年9月11日 25分55秒

2016年9月25日 24分31秒

なので前回より1分以上縮めたぞっ。てか早い人と走ると釣られちゃうのかも(まだまだ平均君にはぜんぜん及びませんが)。あとだいぶ涼しくなってきたのもあると思います。

そのあとフラワーロード→裏清滝と下り、途中で2件のコンビニで休憩。フラワーロードを走っている最中に前輪あたりでカタカタ音がなる。なんだろうと思って見てみると、

f:id:nan1079:20160925171730j:plain

(再現写真)eTrex30が外れて宙吊りになっていました@_@!。

いやー命綱つけてて良かった。そうじゃなかったら落として大変なことになってたところでした。eTrexのマウントはやはり信じてはいけませんu_u。

KOGに帰ってからは愛車・アンカーのクロモリの2ヶ月目点検をしてもらいました。何も問題無しと言ってもらいました。その後誰ともなくだらだら喋ってました。fitbitをつけていた人がいて(fitbit altaでした)、かなり気になって質問攻めにしてました(^^;。そんな感じでだらだらしゃべってたら、大木さんにラーメン屋一緒に行きましょうと誘われました。

f:id:nan1079:20160925120048j:plain

なかなか美味しいラーメン屋さんでした。

今回は初対面の方が多くどっちかいうと人見知りする方なので声かけづらかったですが、今後もできる限り参加して他の方とも仲良くなれていけたらと思います。

 

ステムを1cm短くしました。

自転車 機材

f:id:nan1079:20160906152715j:plain

いただいたのは私の手持ちより1cm短いステムでした^^

自転車を新しくした際に、前のよりステムを2cmもいっぺんに伸ばしてしまって困っていることは書きましたが、以前一緒に走ったことのあるSさんから連絡をいただき、「アンカー純正のステムがあるよ、枚方まで取りにこれるならとりにおいで〜」と言っていただきました。すぐに取りに行ってきました=3。ステムは、ステムに限らずポジションに関わるサイズを、一度に急に変えると、体に異常をきたすらしいです。

そんなことちょっと考えればわかることなのに、あまり何も考えずにステムを伸ばしてしまった。BRM903のブルベもそのまま走って、そのためか?首肩腰が非常に痛かった。なんとかせねば、と思っていましたが、予算の都合上それもまだもうちょっと先のことだと思っていました。なので大変有難かったのですm(_ _)m

f:id:nan1079:20160906153731j:plain

早速つけてみます。作業中。

f:id:nan1079:20160911082324j:plain

そして、試しに走りに行ってきました。十三峠。

一人で行くつもりだったけど、おいちゃんさんが参加。

f:id:nan1079:20160911082059j:plain

十三峠を登るのに25分55秒かかった(おそっ)。でもこの前の週より30秒も縮んでる。峠でばったりソラさんと合流。十三峠→のどか村→生駒市内?→裏清滝と回ってきましたが、だいぶ楽だと感じました。1cmでこんなにも違うものなのか。しばらくこのままで走ってみようかと。

f:id:nan1079:20160906080027j:plain

枚方にステムを受け取りに行った時、SさんはRNC3に乗って待ち合わせのコンビニまで来てくれました。いやーカッコイイな・・・。RNC3は私のRNC7の下位バージョンの自転車なのに、こっちのほうが断然カッコ良く見えるナゼなんだ・・・(汗)。

f:id:nan1079:20160906080045j:plain

コンポがアルテグラです。RNC3の完成車販売のコンポが105までしかないので、私には"RNC3大抜擢"のように映りました。RNC3ってRNC7と比べると重いし、溶接跡も目立つけども、Sさん曰く、気軽に乗れるし7よりも頑丈だというのです。Sさん5台自転車を持ってるというのですが(!)、その中でもRNC3の稼働率は高いとか。・・・私もRNC3欲しくなってきた。

 

☆関連記事☆

今年もBRM903神戸200を走ってきました

ブルベ 自転車

f:id:nan1079:20150907170654p:plain

去年も走った神戸西200ですが、また参加しました(全く同じコースなので去年の記事と同じ画像を使用(^^;)。

1年前はこれがブルベのデビューで、相当緊張したし、その割に雨の準備を全くしていなくて、前半土砂降りでさんざんな目にあったように記憶しています。今回は夕方から雨が降る予報。

f:id:nan1079:20160902215913j:plain

今回は雨対策をバッチリしてきました。サドルバックに入ってるものですが、左上から予備チューブ、参加申込書とボールペン、グリコCCD、携帯工具、マスキングテープ、日焼け止めクリーム、シャワーキャップ、スーパーの袋2枚、レインパンツ、レインジャケット、です。

スーパーの袋は雨が降ったら靴の上から足に履いてマスキングテープで口を止める。薄いのでビンデイングもちゃんとはまるらしいです(やったことないです(^^;)。シャワーキャップは100均で7枚108円のもので、ヘルメットの上からかぶります。レインパンツはモンベルのサイクリング用のもの、レインジャケットは本当はリンプロジェクトのレインポンチョを欲しかったのですが、山登り用のものを今回は流用です。

 

今回は私以外に、タミクさん、ソラさん、原本さんも参加しており、今回はみんなで一緒に走ろう、ということになりました。去年と天候も違うし、グループで走ろうとなったし、いろいろ条件が違うので走りも違ってきています。

スタートから(1)通過チェックまで

車検を済ませた後、タミクさん、原本さん、ソラさんと連れ立って出発。後ろに2〜30台も連なる大集団ができている。車の人にはさぞかし迷惑だっただろう。平坦な道を引き合って特に問題なく通過チェックに到着。

(2)PC1ローソン神崎インターまで

f:id:nan1079:20160903104831j:plain

大集団はだいぶばらけてきました。私たち4人は特に問題なく先頭を交代しながら到着。これができるのがグループライドの醍醐味ですね、特に今回のように平坦が多いコースだと尚更です。雨が降る降ると言われていて、その準備は万全だったのに、全く降らず(午後3時以降に降る可能性あり)。それ以上に暑くて、この日の最高気温は33度にはなったでしょうか?熱中症の危険あり。結構へばってきた。

ただ私は日除け布を今回導入しており、まあ役に立ったと思う。日除け布については後日詳細なレビューをします。

(3)PC2ローソン西脇上戸田へ

ここからちょっとした峠もあり、4人は初めてばらける。私は置いてけぼりにされる。前日に「チャリダー」をみて坂道では少しだけ前に座るといいらしいというのを聞いて実践してみる。PC2についてからは軽いお昼ご飯。豚しゃぶのゴマだれパスタを食べる。

(4)通過チェックへ

体のいたるところが痛くなってきた。一番してはいけないと思っているのに肩に力が入っていて(上半身に重心がきてる?)あと何故かふくらはぎが若干筋肉痛。サドルを5mm上げたけどまだ高さがあってないか?もう2mm上げないといけない?熱中症になりかけ、アイスクリーム、トマトジュース、麦茶、水(CCDと混ぜる用)を購入

(5)PC3エポック高平へ

このコース1番の斜度?がある区間。自転車乗りの間で有名なピザレストラン「クワモンペ」が峠に入る前にあった。いままで2回走ったことあるのに気付かなかった。ソラさんがガーミン壊れたと言っていろんな人について走っていたらしい。最後は私が案内してエポック高平へ。ここでも麦茶と水を購入、暑さがすごくて水分補給のペースが早い。もう身体中が痛くて、特に肩とか腰とか、辛い。

(5)PC3エポック高平からゴールへ。

若干峠はあるものの、下り坂と市街地だけの区間、それでも45キロあるので、あえて中間地点のコンビニ(チェックポイントではない)で休憩するのもありだったが事前に4人で申し合わせて「休憩なしでいこう」ということに。遅くなると雨が降り出す可能性もあり、休憩するより走りきってしまった方がいいという判断。緩やかな下りが延々と続く。低トルク高ケイデンス気味の私には走りやすく、ずっと先頭を走った。だんだん暗くなり、6時頃から雨も降ってきた。ただ誰も休憩したいとか雨具を着たいとかいうものがおらず。原本さんとタミクさんがあいつでチェーン脱落。でも4人同時に無事ゴール。10時間59分で認定されました^^v

f:id:nan1079:20160903191125j:plain

ブルベ主催者のご好意でカップラーメンを頂きました。いつもこの瞬間にホッとします。私はカレー味のカップヌードルをチョイスしました。今回は輪行ではなくソラさんのクルマに便乗させてもらってきています。大変助かりました。ソラさんのクルマのナビが15年も前の時代遅れのもので、その反応にキャッキャ笑いながら帰ってきました。

 

ブルベ対策で150キロほど走ってきました

f:id:nan1079:20160904194807j:plain

2016年のBRM903神戸西のブルベに参加すべく、それなりの距離を走り込んでおきたいと思い、150キロほど走ってきました。これが思いの外大変でした>_<。以前春にそらさんと「清滝峠〜大正池〜布目ダム」を走ったことがあり、そのコースをそらさんがアレンジ。

そらさんと走った頃は桜が散る頃で気候も良く2回の休憩だけで気持ち良く走れて、その時のように走れると思っていたのに、この日は最高気温は35度、灼熱地獄で熱中症になりそうな気候。こまめに休憩を取らざるをえないライドになりました(てか皆さん本当にヤバかった)。

参加者はタクミさん、そらさん、かいちょう(わたしです)、の3人。清滝峠のふもとに集合し早速登ります。登りきったところでちょっと休憩したいと思い左足のビンディングを外そうとすると、「かいちょう、きゅうけいなしで、そのまま!」とソラさんが叫ぶのが聞こえ、そのまままたビンディングをはめ、足も着かずに続きを走ります・・・。大正池ではお二人に千切られ、峠で待ってもらうことになります。和束のローソンで休憩、おにぎりとサンドイッチをほおばる。布目ダムの方向に向かうのですが手前で左の脇道に入ります。これが高山ダムに向かう方向です。

f:id:nan1079:20160820095116j:plain

高山ダムを渡ったところにあるトイレで休憩。この辺でそろそろみなさんバテてきます。この後も激しいアップダウンが続き、とある坂を登りきったところで耐えきれなくなって「ここでちょっと休憩させて」と私はその場で倒れこんでしまいます。手持ちのドリンクゼリーで補給。その100mほど先に自販機が3台並んでいるところがあり、そこに移動します。私だけでなくそらさんやタミクさんもかなりきつかったみたいです。ここで少し回復して先を急ぎます。見るだけで「うげー」と声を上げることができる坂道(あとで農道と知りました)を幾つか越えていきます。山を下りきって市街地との境目にあるセブンイレブンで休憩。前回はここで2回目の休憩だったのですが、今回はそれどころではなく、こまめに休憩を取らないと熱中症になってしまうほどです。

f:id:nan1079:20160820134856j:plain

精華町にあるサークルKでもう一度休憩。タミクさんにならって冷凍のペットボトルお茶を買います(背中のポケットに入れます)。ここまで頑張った自分ご褒美としてハーゲンダッツも買います^^v。

この後GPSナビのルートデータが行きと帰りが混在して三叉路になっているところで迷子になり違う道を行ってしまいます。これはそらさんに保護してもらいましたm(_ _)m。ここはホンマに迷子の幼い子みたいでした(^^;

そんなこんなでみんなかなりボロボロになって解散になりました。私はどうしてもこの日KOGに寄りたかったので、遠回りして寄り、携帯ポンプを購入。大きなポンプから解放されました(あとでポンプについては記事にします)。

f:id:nan1079:20160820185614j:plain

今回は147キロも走り、獲得標高も2200mぐらいはありました。獲得標高はブルベ本番よりも多いぐらいです。ブルベ対策としては申し分ないと思います(ストラバの獲得標高の計算方法がよくわからず3100mほどになっています?_?)。しかしそれ以上にこの日の暑さは辛すぎた。熱中症になりかけ。このコースはもっと涼しくなってからまた走りたいですね!

そねさんの清滝パトロールに同行しました

f:id:nan1079:20160814182241j:plain

乗り始めた時から(納品されてショップから家まで帰ってる時から既に)サドルが低いなあと感じていて、サドルを5mm上げてみました。これで今回走ってみて特に違和感ないなら、このまましばらく走ってみようかと思う。それと、前回の慣らし運転の時、ふくらはぎが筋肉痛でした。ふくらはぎが筋肉痛ってどういうこと?って思ってましたが、サドルが高すぎもて低すぎてもふくらはぎの筋肉痛が起こるらしいです。今回は少々低かったということか。

f:id:nan1079:20160827173727j:plain

さて、今回はそねさんの清滝峠パトロールに同行しました。きよたきとうげ、とくに異常なし!

f:id:nan1079:20160819062950j:plain

一応わたしの情けないタイムを晒しておきましょうか。15分40秒でした。そねさんは門限があるのでそのまま峠を下りて行きました。私は軽く走っておきたかったのでフラワーロードを経て裏十三へ。そのまま大阪の平坦な道を走りぶらぶら帰ってきました。

ステム2cm伸ばした件について、以前もう慣れたと書いたけど、やっぱり慣れないです。えらい先に手を置くところがあって体をどの辺に置いたらいいのかまだ分からない状況。

ダンシングしづらい件について、帰りは出勤の渋滞と同時刻帯で車やバイクに追っかけられて、必要に迫られてダンシング。何か掴めたような気がする。

坂道でのダンシングは体重をどの辺にかけるか模索中。私の場合腰をちょっと引き気味(「チャリダー」では「こぶし一つ分後ろに体重移動」とかいう表現を使ったりします)にするとペダルに荷重がかかってちょうどいいような気がする。

28-14Tのスプロケについて、登りのメリットは確実にあるんだろうけど、あまり実感がわかない、それより下ですぐにギアが終わるのが気になる。わかってて自分で選択したことだし、しばらく使ってみます。

相変わらずブレーキが効きにくく、下りが怖い。特に十三峠を下る時はコワいです(ToT)